1. ホーム
  2. > 加工実績
  3. > ローレット加工棒
部品加工の納期・コストにお困りの調達購買の方必見!

ローレット加工棒

ローレット加工棒
  • 加工方法

    機械加工、ローレット加工

  • サイズ

  • 精度

  • 材質

  • 使用用途

納期:個数:

価格:お問い合わせください。(税抜き)

  • ローレット加工棒

  • ローレット加工棒

特徴  こちらは九州 部品加工センター.comが加工・製造致しました機械加工品である「ローレット加工丸棒」になります。ローレット加工とは、写真の丸棒の下部に施されている加工の事で、主にスベリ止めとしての機能を果たす加工になります。こちらは「綾目ローレット」と呼ばれるものです。
 加工方法としてはローレットと呼ばれる工具を使う転造方式と切削方式の2種類がございます。今回の事例ではローレット工具を使用しての加工になりました。この二つの加工の違いとして、ローレットを用いると表面処理が綺麗になり、見た目がよくなることが挙げられます。しかし、精度はそこまで良くは有りません。一方、切削加工だと見た目はローレットより劣りますが精度の面で優れております。今回の事例では表面処理を優先した為ローレット工具を用いての加工になりました。九州 部品加工センター.comでは、このようにお客様からのご要望に応じて適切な工法を選択することで、コストや納期を抑えるご提案をさせていただきます。お困りの方はお気軽にご連絡ください。
メールでのお問い合わせ

担当:相浦(運営:紀之国屋)