1. ホーム
  2. > 加工実績
  3. > ペレット製作用金型部品
部品加工の納期・コストにお困りの調達購買の方必見!

ペレット製作用金型部品

ペレット製作用金型部品
  • 加工方法

    切削加工

  • サイズ

    340×135×50

  • 精度

  • 材質

    SKD11

  • 使用用途

    リサイクルプラスチック ペレット製作用金型

納期:個数:

価格:お問い合わせください。(税抜き)

  • ペレット製作用金型部品

  • ペレット製作用金型部品

  • ペレット製作用金型部品

特徴 こちらは九州加工部品センター.comが加工・製造いたしました機械加工品である「ペレット製作用金型部品」です。ペレットとは樹脂成型において材料となる、大きさ3mm~5mm程度の粒子状のプラスチックのことで、そのペレットを製作する金型部品がこの加工品となります。金型部品である為、耐熱性に優れた材質のSKD11を使用しています。SKD11の特徴として加熱や冷却といった熱に対する耐性が高く、亀裂や破損が起きにくい・耐摩耗性が高く硬度も硬い材質となっております。そのため金型部品ではよく使用される材質となり、今回の事例でも材料として使用致しました。しかし硬度が高いほど切削加工が難しくなってくるものである為、製作には留意が必要です。そのため九州加工部品センター.comの協力会社の中でも、切削加工が難しい材質でも問題なく加工が可能な業者を選定して依頼いたしました。このように当社では材質の金属加工でお悩みにも、適切な材質や協力会社を選定した上で、小ロットからご対応させていただきます。お気軽にお問い合わせ下さい。
メールでのお問い合わせ

担当:相浦(運営:紀之国屋)